※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

景品表示法指定告示:2023年10月施行アフィリエイター注意事項

景品表示法指定告示注意喚起 古着衛門の日々の出来事

こんにちは、アフィリエイトを通じて収益を上げている皆さん!

今回は、2023年10月に施行される景品表示法指定告示に関する重要なお知らせをお届けします。

この新たな規制について詳しく解説し、アフィリエイターの皆さんにとって何が変わるのか、対応が必要なポイントをご説明いたします。

必ず最後までお読みください。

事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針

スポンサーリンク

重要な変更点

まず、景品表示法指定告示についての背景を理解しましょう。

この法律は、広告において正確な情報を提供し、消費者を欺かないための法律です。

そして、2023年10月から、アフィリエイト広告もこの法律の対象となります。

具体的な変更点としては、以下のような要件が追加されます:

PR等の表示

広告であることを明示するため、特定の表示が義務付けられます。

表示文言として、「広告」「PR」「アフィリエイト広告」「AD」「プロモーション」などが使用できます。

また、例えば、「アフィリエイト広告を利用しています」や「本ページはプロモーションが含まれています」といった表現です。

表示位置

表示は、一般消費者が認識できる位置にわかりやすく行わなければなりません。

例えば、サイトのヘッダー部分に表示する、広告を掲載している各記事の上部に表示する、オーバーレイでサイト全体に表示するなどが考えられます。

対応期日

指定告示の施行に伴い、2023年10月1日までに随時対応が必要です。

ただし、広告主によっては個別に対応期日を設けている場合がありますので、注意が必要です。

最新情報はニュース配信などで確認しましょう。

PR等の表示例

具体的なPR等の表示例を挙げてみましょう:

  • 表示文言
    • 「広告」「PR」「アフィリエイト広告」「AD」「プロモーション」など。
  • 説明文言例
    • 「アフィリエイト広告を利用しています」
    • 「本ページはプロモーションが含まれています」
    • 「A社から商品の提供を受けて投稿しています」
    • 「本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています」など。

アフィリエイトリンクを含むコンテンツでは、これらの表示を効果的に活用して、広告であることを読者に明示しましょう。

事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針

対応期日と影響

2023年10月1日までに指定告示に対応しない場合、消費者庁から制裁が科される可能性があります。

消費者庁の認識と異なる広告表示を行った場合、広告主からの措置命令が下る可能性もあるため、慎重な対応が必要です。

PR等の表示を怠ることは、提携解除や成果報酬のキャンセルといった結果にもつながりかねません。

このため、広告主との連携を密にし、規制への適切な対応を図りましょう。

まとめと注意喚起

2023年10月に施行される景品表示法指定告示により、アフィリエイターの広告表示に新たな要件が追加されます。

適切なPR等の表示が義務付けられ、違反すると制裁が科される可能性があります。

規制に適切に対応することは、信頼性を高め、収益を守るために不可欠です。

新たな規制に適切に対応することで、アフィリエイト事業を安定させ、信頼性を高めることができます。

2023年10月1日までに必要な措置を講じ、読者にとって信頼性のある情報提供を心がけましょう。

成功と安全をお祈りしています。

事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針

古着衛門の日々の出来事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました