※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

古着の保管!!お手入れと保存で長く着られるテクニック

古着の保管 古着雑学・豆知識

古着の保管

古着には独特の魅力があり、気に入ると手放せなくなることがよくありますね。しかし、古着は新品に比べて状態が儚い場合が多く、穴が開いたり形が崩れたりしてしまう可能性が高いです。今回は、古着を長持ちさせるためのお手入れ方法と保存のコツをご紹介します。

ニットはハンガーにかけずに収納

特に秋冬に活躍するニットは、その繊維構造から他のアイテムよりも摩耗しやすいです。ハンガーにかけて保存すると、重力の影響で形が崩れやすいため、ニットは畳んで収納するのが最良の方法です。

収納

虫食いが見つかったらすぐに対処

洋服の保存中に虫食いを発見した場合、速やかな対処が必要です。一着でも虫に食われてしまうと、その影響は他のアイテムにも及びます。虫食いを発見した場合は、クローゼットを徹底的に清掃し、虫除けの薬剤を使用してください。クリーニングも一つの手段ですが、確実な虫除けには限界があるので、注意が必要です。

特別なアイテムは個別に保存

洋服が密集していると、虫食いのリスクが高まるばかりか、摩擦で劣化も早まります。特に価値のある或いは思い入れの強いアイテムは、個別に丁寧に保存することで、長期的に状態を維持することが可能です。

シーズンごとにクリーニングへ

近年ではクリーニングに頻繁に出す人が減少していますが、古着の場合は定期的なクリーニングが推奨されます。一点ものの古着は取り扱いに注意が必要で、適切なケアによって長持ちさせることができます。

お洋服専門の宅配サービスを利用する

忙しい日常で、自分でのお手入れが難しい場合や、プロのケアが必要な高級なアイテムには、お洋服専門の宅配サービスがおすすめです。これらのサービスでは、洋服を専門の施設で最適な環境下で保存し、定期的なクリーニングやメンテナンスも行ってくれます。サービスによっては、防虫や防カビ、湿度調整など、細かいニーズにも対応してくれることが多いです。

最後に

古着の魅力はその独特さと、他人と被らないスタイルが楽しめる点にあります。日々のちょっとした気遣いで、その魅力を長く楽しむことが可能です。今回のテクニックをぜひ活用して、愛用の古着を長持ちさせてください。

古着雑学・豆知識の記事一覧


ライター:shotaro0206


shotaro0206の記事一覧: https://emongroup.com/blog/wp/?tag=shotaro0206


コメント

タイトルとURLをコピーしました