■古着コーデ募集中■

古着衛門のブログで、ご自身の古着コーデをアピールしてみませんか?
自己PR・SNS・ご自身のHP・イベント情報等をあわせて宣伝していただいてもOKです。

応募方法へ

URLの統一(正規化)

URLの正規化 日々の出来事
URLの正規化
スポンサーリンク

『 .htaccess 』ファイルを作り、リダイレクトという、指定されたサイトへ 転送する方法の記事からの続きです。

httpsへリダイレクト(転送)

httpsのサイトに転送して安全を確保できたと安心していたのも束の間、Search Consoleの検索パフォーマンスが上がらない。

当社のホームページアドレスを調べてみたところ、https://emongroup.com/ の他に、https://www.emongrup.comと https://emongrup.com .index.htmlというアドレスが存在することが判明した。

過去に、アドレスの統一を意識せずに外部リンクを張り続けた結果だろう、、、

とにかく、データが不正確なのはどうも気持ちが悪いので正常化しようと思う。

httpsへリダイレクト(転送)の記事を応用し、

『httpsのサイトへ』も含めて、『www. なし』『.index.html なし』を条件とする『https://emongroup.com』へリダイレクトする 『 .htaccessファイルを作りたいと思う。

だいたい、 httpsへリダイレクト(転送)と同じ要領で出来るので、構文を下に示す。


<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*) https://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.emongroup.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://emongroup.com/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^./index.(html|php) RewriteRule ^(.)index.(html|php)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

</IfModule>


手順は、下記を参照して欲しい。

①メモ帳でテキストファイルを新規作成し、上記の構文を記述する。

※自分のサイトで、使用する場合は、当社のドメイン部分『 emongroup.com 』を自分のドメインに書き換えてください。

②出来上がったファイルに名前をつけて保存。

このとき、『 .htaccess 』 というファイル名で保存したいのだが、ほとんどのケースでできないので、『 .htaccess.txt 』というファイル名で保存する。 (保存できれば、名前はなんでも良い)

③ ホームページサーバー内の一番上の階層に 『 .htaccess.txt 』 ファイルを置く

④ 『 .htaccess.txt 』 のファイル名を 『 .htaccess 』 へ変更する。

以上

これで、リダイレクトの設定は完了です。

これで、最低限のことはできたかな?

タイトルとURLをコピーしました